オウル

オウル – 北スカンジナビアの首都

オウルはボスニア湾のオウル川のどこからでもアクセスのよいデルタ地帯に位置する、北フィンランド最大で最古の都市です。 オウルは 1605 年にスウェーデンの王チャールズ 4 世によって設立され、19 世紀にはフィンランドの主要なタール輸出国でした。 現在市内には 200,000人以上の地元住民が暮らしており、何千人もの国内外の観光客やビジネスの旅行者が訪れる人気の場所です。

オウルは北極圏のエキゾチックな自然と、ビジネスや近代的な観光都市という文化的生活から成り、ショッピングも幅広く楽しむことができます。 同市の特長としては、例えば、市内中心部の喧騒から離れるとすぐに、 平和 な 公園の緑、砂浜、氷海などがあることです。 オウルは文化都市として特徴づけられ 、 毎年フィンランド最大の音楽祭やいくつもの アートイベントが開催され一年中活気にあふれる街です。

オウルはどこからでも簡単にアクセスできます!

遠くからでも飛行機で簡単にアクセスすることができます。  オウル空港はフィンランドで2番目に利用者が多く、国内、海外から数十便が毎日到着 しています。 たとえば、オウル空港では Arctic Airlink、Norwegian、Finnair が運航し、フィンランド国内、近隣諸国、さらに遠く離れた国からオウルまで、お客様を安全に運んでいます。

近隣からの旅行者には、バスや電車での移動が最適です。フィンランド国内のどこからでも短時間でオウルに到着することができます。 オウル地域は全てレンタカーで移動することができます。オウル市内の移動は自転車や地元のバスが便利です。

Oulun Kaupunki
Torikatu 18
90100 Oulun kaupunki
touristinfo (at) ouka.fi
+358 8 558 41330

もっと見る