コイテリ

– 

コイテリンコスキ(Koitelinkoski)は、自然愛好家はもとより、地元の人のちょっとしたお出かけにも、観光客が訪れるにもぴったりの最高に美しい場所です。コイテリ(Koiteli)地方ではなだらかな緑の丘にみずみずしい草木が茂り、多くの島で釣りやカヌー、カヤック、トレッキングを楽しめます。

コイテリンコスキ急流はゆるやかに流れるキーミンキ(Kiiminki)川の一部です。この急流は、キーミンキのダウンダウンからは約4キロ、オウルからは24キロで簡単にドライブできる距離です。

このエリアは簡単に歩いて見て回ることもでき、標識のある道をたどれば、本土と島々をめぐることができます。コイテリにあるピックサーリ(Pikkusaari)、サハサーリ(Sahasaari)、ピクニクサーリ(Pikniksaari)の島々には吊り橋を渡って行けます。特にお子様と若者の冒険心をくすぐるでしょう。水辺の岩に座れば、自然をゆったり堪能できます。キャンプファイヤー場もいくつかあり、食べ物を用意していけば、簡単な軽食を楽しむ事ができます。また、お手軽にサハサーリ島のツンネルマトゥパ(Tunnelmatupa)サマーカフェを利用することも可能です。(このカフェは冬の間、予約がある場合にのみ営業します。)

家族全員が楽しめる釣りの穴場

コイテリンコスキ急流は家族全員が楽しめるすばらしい釣りの穴場でもあります。川岸からのルアーフィッシングや軽量の装具を使用したフライフィッシングに最適です。

急流でよく釣れるのはグレーリング、カワカマス、パーチなどです。キーミンキ川の穴場のひとつであり、5月~8月にはマスも釣れます。キーミンキ川では、プオランカ(Puolanka)からハウキプダス(Haukipudas)にいたるまで川全体で釣りができる共通ルアーフィッシング許可証の使用が可能です。

キーミンキのカヌールート

キーミンキ川はカイヌー(Kainuu)に端を発し、プオランカの原野を進み、オストロボスニアののんびりとした景色に流れ込みます。夏の間はガイド付きのカヌーやカヤックのツアーで川を下ったり、ゴムボードに乗り込んで急流下りに挑戦したりできます。冬には標識の付いたスキーとスノーモービルのコースを探検できます。

川の状態は季節と流れによって異なります。流れが穏やかになる6月~7月には急流を下りやすくなります。氷が解けた直後のコイテリンコスキ急流は第3種エリアですが、6月中旬~下旬には流れも静かになります。初心者の方は、コイテリのツリクルック(Tulikurkku)などの穏やかな場所で練習するとよいでしょう。

日帰り旅行をご希望の場合は、キーミンキからハウキプダスまでの人気の高い川沿いのルート(30キロ)をお試しください。この地域の旅行会社は数時間のカヌーやカヤックのツアーのほか、数日間にわたるサファリと釣りの組合せなどのツアーを提供しています。

Koitelinkoski
Koitelinkoskentie 456
90900 Kiiminki

koiteli.fi

retkikartta.fi. Koitelinkosken ulkoilualue

もっと見る