マーケット・スクエアの警官

– 

マーケットスクエアの警官との出会い

オウルでは、市場生活の中で重要な役割を果たしていたのが市場警察であり、彼らは、市場の広場を監視し、秩序を維持する任務を果たしていました。彼らを通して、町民や地方からオウルに来た人たちは、当局や警察を肌で知るようになっていました。

「マーケット・プレースのボビー」と呼ばれることもあるトリポリージ像は、1987年に広場近くの市場ホール前にお披露目されました。警官の高さは、2.2メートルで、ほとんどのバスケットボール選手よりも背が高い像です。この銅像は、カーロ・ミッコネンがデザインしたもので、1934年から1979年までマーケット広場をパトロールしていた警察官に敬意を表した作品となっています。

帽子をかぶり、サム・ブラウンのベルトを巻いた、がっちりとした警察官は、長年にわたり、オウルのシンボルとなっています。この場所は、自撮りのスポットとしても人気があります。

Kuva, joka sisältää kohteen näyttö, istuminen, pöytä, tietokone

Kuvaus luotu automaattisesti

Kuva, joka sisältää kohteen piirtäminen

Kuvaus luotu automaattisesti

Oulun kaupungin matkailuneuvonta

Torikatu 18, 90100 Oulu

visitoulu@oulu.com

+ 358 8 558 41330

www.visitoulu.fi

もっと見る