若さあふれるエネルギッシュなオウルへようこそ!

– 

活気あふれるオウルは、都会の文化と北部特有の自然に出会える場所です。オウルはオウル川のデルタ地域、ボスニア湾岸に位置するフィンランド北部最大の都市です。北部特有の平穏で情緒あふれる環境に、モダンなビジネスと観光が溶け合っています。街を歩くと、アウトドアアクティビティと自然が、オウルで中心的な存在だと実感できます。美しい公園が点在し、冬にはスキー専用ルートが設けられ、夏には鮮やかな花々が街を彩ります。

また、ボスニア湾特有の群島の自然も満喫できます。夏にはオウルの街と砂丘の島「ハイルオト」の間をフェリーが結び、冬には氷の道をたどり、ハイオルト島まで凍った海の上を渡ることができます。

テクノロジーの町としても知られているオウルはフィンランドで5番目に大きい都市で、スウェーデンのチャールズ9世によって1605年に創設されました。19世紀になる頃には、タールの主要な輸出地になりました。オウルの熱意にあふれ、起業家にとって好意的な環境基盤はこの当時からすでに整っていました。

現在、若さあふれるエネルギッシュなオウルには、フィンランドで2番目に大きい大学があり、活気あふれる文化的イベントが目白押しです。このスカンジナビア北部の中心地では、数々の祭典やイベントが皆様をお待ちしています!

もっと見る