Observation towers in Oulu

– 

ナリカリ灯台

ナリカリには灯台(実際には展望塔)があります。ここは、地元の人々に愛されているランドマークとなっており、休日の写真撮影には欠かせない場所となっています。1988年に完成した展望塔の上層階からは、ナリカリのビーチエリア全体を見渡すことができます。夏場は、塔の入り口に、カフェやウォーター用品の貸し出し口があります。

灯台はオウル建築学校の建築家によって設計されました。また、冬には、幸運なら、夜空に明るく光るオーロラを発見することができます。

展望台カフェ

壮大なパステル展望台カフェは、1912年以来、リンナンサーリにあるサマーカフェです。夏場は、コーヒーを楽しんだり、何か読み物を買って、展示されているアートを鑑賞したりできます。塔からは、19世紀に急流が自由に流れていた時代、タールを運んでいた、熟練した漕ぎ手でも難所だったメリコスキの急流を眺めることができます。

1875年にウォルマール・ウェストリングの設計により、19世紀後半の装飾性の高いニッカレッティリ(nikkarityyli)というフィンランドの木造建築様式で建てられたオウル海事学校の展望塔では、当時、海事の学生たちが星を見上げていました。学校は、1793年に火薬庫の爆発で破壊されたオウル城の修復された基礎の上に建てられました。  オウル海事学校は46年間運営され、その間に200人の船長などが卒業しました。

夏には、城の地下室で城の歴史に関する展示が行われています。何世紀にもわたって、人々はリンナンサーリ島から街への秘密の通路を見つけようとしてきました。通路を見つけることができますか?

ティエトマー科学センター

ティエトマーの塔はもともと古い給水塔で、この地域で操業していたヴェルジェクセット・オーストロームのなめし革工場の建物群の一部でした。この塔は建築家のビルガー・フェダーリーによって設計され、1921年に完成しました。最上階は高さ約35メートルで、パノラマエレベーターでアクセスできます。チケットは、ティエトマー科学センター内のレジで販売しています。

ティエトマーの本館は、かつてのタンナー工場の蒸気発電所を利用したもので、発電所は1860年代から1960年まで稼働していました。ティエトマーの塔からはオウルを上から眺めることができ、階段を降りるとオーロラなどを見ることができます。また、グループ向けに塔でのディナーを予約することもできます。

Kuva, joka sisältää kohteen näyttö, istuminen, pöytä, tietokone

Kuvaus luotu automaattisesti

Kuva, joka sisältää kohteen piirtäminen

Kuvaus luotu automaattisesti

Oulun matkailuneuvonta

Torikatu 18, 90100 Oulu

visitoulu@oulu.com

+358 8 558 41330

www.visitoulu.fi

もっと見る